<< 腰痛体操としてのストレッチ | main | 子供と腰痛 >>

スポンサーサイト

  • 2014.10.25 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


腰痛を起す病気

腰痛を起す病気

腰痛は姿勢の悪さや重労働など、病気以外の原因で起こる場合もあります。
しかし思わぬ病気が潜んでいるケースもあり、「ちょっと疲れが溜まったのかな?」と安易に考えるのは危険です。

ここでは、腰痛を起す病気で整形外科で診断されるものを、いくつか紹介していきましょう。

●腰椎椎間板ヘルニア

背骨を構成する「椎間板」は、衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。
椎間板の中央には髄核と呼ばれるゼリー状の組織があり、それが椎間板の外側に飛び出してしまうのが「椎間板ヘルニア」という病気です。

椎間板ヘルニアに罹ると、腰痛だけでなくお尻や太もも、足などにも痺れや痛みを感じるようになり、ひどい場合には歩行困難になるケースもあります。

進行の程度によっては、飛び出した部分が自然に吸収されて症状が改善されることもあります。
しかし放っておくことで更に悪化させてしまうケースもあるので、やはり早めに医療機関を受診し、適切な診断・治療を受けた方が良いでしょう。

●腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の変形や椎間板の問題によって起こる、高齢者に多く見られる病気です。

背骨には脊柱管と呼ばれる脊髄神経が通るトンネルがあります。
この脊柱管が背骨の変形などによって狭くなることで神経が圧迫され、腰痛、歩行時の下肢の痛みや痺れ、脱力感などの症状が出ます。

休憩することで症状は緩和されますが、少し歩くとまた同様の症状が出るために、歩行が非常に困難になってしまうという厄介な病気です。

圧迫のされ方によってタイプが分類されますが、重症になると排尿障害を起すこともありますので、早めの治療が大切です。


JUGEMテーマ:健康

スポンサーサイト

  • 2014.10.25 Saturday
  • -
  • 12:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック



お名前
アドレス

[ 閉じる ]